OEM事業
事例紹介

前田工繊「支承部品落下防止対策用 組紐 及び ネット」

首都高速道路・首都高速道路技術センター・日本支承協会・前田工繊 共同開発

ニーズ

「支承部の塗膜が傷つくことによる防食性能を落としたくない」
「軽量なものがよい」
「組み立てたり、ばらしたりが簡単なものを!」
「耐久性ももちろん必要」

用途

橋梁の上部構造を下部構造に伝達する支承部材が、老朽化等により大規模震災時に飛び出したり落下することが想定されます。 
第三者への被害拡大を防ぐために、脱落防止の目的で支承部材周囲にネットや組紐を設置します。

お客様の声

「繊維だから腐食しにくい」(30年経過後でも60~70%の強度が確保できます)
「軽い」
「作業がしやすい」

前田工繊「布製型枠受圧体」

某メーカー向け

ニーズ

「山などの凹凸が大きい場所においても、地面のかたちにぴったり合うものがほしい」

用途

グラウンドアンカー用受圧板

お客様の声

「現況地形との密着性が確保でき、より高い補強効果を発揮することができた」

未来テクノ 「ガレージJET」

日本の住環境に合わせた省スペース型カーシェルター
未来テクノ株式会社のテント、縫製技術でつくられています

ニーズ

「日本の狭い住宅環境にマッチするものを!」
「かっこいいものを!」

詳細はこちら(ガレージJET – 未来テクノ株式会社)

お電話でのお問合せ

03-6402-3944
(東京本社 代表)

Webからのお問合せ

お問合せフォームはこちら