盛土・地盤補強用ジオテキスタイル

アデム®(Fタイプ)

  • Geogrid製品
  • 建設技術審査証明書取得 :  第0119号
新技術情報提供システム(NETIS)登録番号:KK-980079-VE(掲載期間終了)   平成26年度 活用促進技術(新技術活用評価会議(中国地方整備局))

概要

さまざまな用途で活躍する
盛土・地盤補強用ジオテキスタイルの決定版

アデムは、アラミド繊維(テクノーラ®)から生まれた高強力・低伸度・低クリープひずみのジオテキスタイルで、HGタイプ、Fタイプの2種類があります。
アデムFタイプは、ポリエステル繊維とアラミド繊維を交織させたグリッド状の織物を特殊樹脂コーティングした柔軟性のある織物です。緩斜面高盛土の補強、軟弱地盤上の盛土補強、軟弱地盤表層処理工などに適しています。

特長

  • 高強力・低伸度特性により土を拘束し、安全な盛土を築造することができます
  • 土との摩擦特性に優れています
  • 耐候性, 耐薬品性, 耐寒・耐熱性および耐衝撃性に優れています

適用例

軟弱地盤上の盛土補強

軟弱地盤処理(包み込み補強)

規格・特性

規格/特性

Fタイプ

品番 目合い
(mm)

(m)
長さ
(m)
品質管理
強度
(kN/m)※1
伸び率
(%)
製品基準
強度
(kN/m)※2
クリープを
考慮した
限界引張強さ
(kN/m)
F-80 18×16 2.0 50 80×80 6.0×15.0 75 44
F-100 18×16 2.0 50 100×100 6.0×15.0 90 54
F-150 18×16 2.0 50 150×100 6.0×15.0 145 87
F-200 18×16 2.0 50 200×100 6.0×15.0 180 110
  • ※目合い・品質管理強度・伸び率はいずれも、「たて×よこ」を示す。
  • ※1 品質管理強度:標準状態における試験環境のもとで、製品製造時に品質をチェックするために行う品質管理試験(試験片の幅[ストランド1本]/引張ひずみ速度[50%/min])において基準となる強度
  • ※2 製品基準強度:アデムが適用される補強土の設計において基礎となる強度で、性能確認試験(試験片の幅[広幅20cm]/引張ひずみ速度[1%/min]において基準となる強度

引張特性/クリープ特性

品質管理強度はたてストランド1本あたりの強さを1m幅あたりの強さに換算したものです。引張ひずみ速度50%/分

アデムはクリープ特性に優れ、106時間後の破断強さは、下図に示す付近にあるものと推定されます。アデムはクリープひずみが小さく補強効果を十分に発揮することができます。

関連製品・工法

お電話でのお問合せ

事業所一覧ページはこちら

Webからのお問合せ

お問合せフォームはこちら