トンネル補修・補強工法

マグネラインPT工法

概要

高い付着耐久性や薄厚施工技術のノウハウを
トンネルの補修・補強工法に応用しました。

PT工法は、橋梁床版の補強工法=PSR工法や、橋脚の耐震補強工法=PP工法で培ってきたノウハウをトンネルの補修・補強工法に生かしました。

トンネル補強工事環境につきものの、湿潤状態での施工を可能にし、覆工コンクリートとの一体化が確実におこなえ、補強後の目視点検を可能にする画期的工法です。

トンネル覆工裏面へ埋め込み注入を行う場合、注入圧や注入材の荷重により既設覆工が崩落する心配がある場合は、あらかじめ既設覆工を補強する必要があります。

特長

  1. 補強による増厚が薄くてすみます
  2. 既設覆工コンクリートと同じ無機質材なので補修・補強部が一体化しはく落の恐れがありません
  3. 死荷重の増加が微小です
  4. 施工面が湿潤状態でも施工できます
  5. 同一材料で施工するので、連続作業ができます
  6. 引火、爆発、中毒の心配が無く、工事が安全にできます
  7. 補強後は目視点検ができます

補強断面図

覆工コンクリートを補強する場合は、鉄筋または格子鉄筋にて補強します。また、断面修復やはく落防止には溶接金網やメッシュシートを設置し補修します。

応用範囲

補強筋配置

補強筋配置

施工完了

施工完了

関連カタログダウンロード

関連製品・工法

お電話でのお問合せ

事業所一覧ページはこちら

Webからのお問合せ

お問合せフォームはこちら