天端一体化工法

KABUTO®工法

新技術情報提供システム(NETIS)登録番号:KK-120029-A(掲載期間終了)

概要

地震発生時に路面における
致命的な被害を回避する工法です

道路盛土の天端をジオテキスタイルで部分的に補強することにより、すべりの「発生位置」を路肩やのり面の範囲に限定し、地震発生時に路面における致命的な被害を回避する工法です。これにより、重要路線の緊急輸送道の確保が可能となります。

  • ※本工法は、大阪大学大学院常田賢一教授との共同研究で開発された「新規および既存道路盛土の耐震強化・耐震補強工法」の一つです。

主要使用資材

盛土・地盤補強用ジオグリッド アデム

さまざまな用途で活躍する、盛土・地盤補強用ジオグリッドの決定版。HGタイプを使用します

関連カタログダウンロード

関連製品・工法

お電話でのお問合せ

事業所一覧ページはこちら

Webからのお問合せ

お問合せフォームはこちら