アスファルト改質材 ポリマー改質アスファルトⅡ型・Ⅲ型用

かいしつくん®

概要

粉末状プラントミックスタイプで取り扱いが簡便な
ポリマー改質アスファルトⅡ型アスファルト改質材

かいしつくんは、道路舗装の耐久性向上の目的を満足させながら、さらに施工性・取り扱いの簡便さの向上をめざして開発された粉末状熱可塑性エラストマーの、ポリマー改質アスファルトⅡ 型・Ⅲ型用アスファルト改質材です。混合しやすい粉末状で、取り扱いが簡単で1kg入りのポリ袋を開封することなくプラントに投入し混合することが可能です。耐流動性に優れわだち掘れを抑え、骨材の飛散を防止し長期間にわたって良好な路面状況を保ちます。

特長

  • 袋ごとプラントに投入するだけで改質できます
  • 主成分が熱可塑性エラストマーなので、高温時の粘度が低く施工性に優れています
  • 取り扱いが容易で、特に中規模、小規模工事には利便性があります
  • 保管が容易で、いつでも必要なときに使用できます

適用例

ポリマー改質アスファルトⅢ型-Wへの適用

ポリマー改質アスファルトⅢ型-Wにおいては、粗骨材の剥離面積率5%以下であることが求められます。かいしつくん6%添加で規格を満足できない粗骨材の場合は、市販の剥離防止剤を併用することで適用可能です。

規格・特性

一般性状

組成 熱可塑性エラストマー
外観 白色粉末状
密度(15℃)(g/cm3 0.94

かいしつくんを添加したときのバインダ性状

アスファルト
の種類
ストレート
アスファルト60/80
ストレート
アスファルト80/100
改質Ⅱ型
品質規格
改質Ⅲ型
品質規格
「かいしつくん」
添加量
4% 6% 4% 6%
針入度(25℃)
 1/10mm
54 45 67 58 40以上
軟化点 ℃ 66.5 85.0 64.0 82.0 56.0
以上
70.0
以上
伸度(15℃) cm 76 80 100+ 100+ 30
以上
50
以上
薄膜加熱試験
針入度残留率 %
79.6 82.3 74.6 78.5 65以上
タフネス
(25℃) N・m
26.7 20.5 22.2 20.2 8.0
以上
16.0
以上
テナシティ
(25℃ )N・m
20.3 17.4 4.0
以上
混合温度 ℃ 170-185  
締固め温度 ℃ 155-170

混合物性状

かいしつくんを添加したアスファルト混合物のホイールトラッキング試験結果DS(回/mm)

アスファルトの種類 ストレートアスファルト60/80 ストレートアスファルト80/100
混合物の種類 添加量 4% 6% 4% 6%
密粒度アスコン(13) As量:5.3% 5000 6000以上 4200 6000以上
密粒度アスコン(13F) As量:6.2% 3200 6000以上 2800 5000

関連カタログダウンロード

お電話でのお問合せ

事業所一覧ページはこちら

Webからのお問合せ

お問合せフォームはこちら