断面修復材(標準・軽量・速硬)

マグネライン®MDD1/MDライトN/MDライトQ

東日本高速道路(株)、中日本高速道路(株)、西日本高速道路(株)
構造物施工管理要領「断面修復材品質規格」適合品

概要

粉末樹脂および短繊維をプレミックスした一材型の
ポリマーセメントモルタル断面修復材

マグネラインMDD1は、粉末樹脂や短繊維をプレミックスしたポリマーセメント系のコンクリート断面修復材です。左官仕上げなどの施工性が良く、良好な仕上げが得られ、優れた付着性と高いひび割れ抵抗性を発揮します。

マグネラインMDライトN(標準タイプ)は、特殊軽量骨材をプレミックスした軽量タイプのコンクリート断面修復材、マグネラインMDライトQ(速硬タイプ)は、軽量速硬タイプのコンクリート断面修復材で、壁面や天井面でのダレが少なくなり厚塗りができます。

特長

  • 施工現場において所定量の水と混合するだけの一材型ポリマーセメントモルタルです
  • 吹付と左官施工に対応し、吹付作業性およびコテ作業性が良好です
  • 環境対応型で、生物に有害な外因性内分泌撹乱物質(環境ホルモン)を使用していません
  • 短繊維により、各種ひび割れの発生を抑制します
  • ポリマーにより、既設コンクリートとの強力な付着力を発揮します
  • 天井面でも1層あたり30mm程度の厚付けが可能です(MDライトN)
  • 専用鉄筋防錆マグネMDガードもあります

規格・特性

物性データの一例

項目 材齢 試験値 試験方法
MDD1 MDライトN MDライトQ
単位容積質量(kg/ℓ)  - 2.15 1.60 1.60 JIS A 1171
圧縮強さ(N/mm2 3時間 17.4 JIS A 1171
1日 24.0
7日 35.6 29.5 31.9
28日 45.4 47.4 39.7
曲げ強さ(N/mm2 3時間 3.4 JIS A 1171
1日 4.3
7日 6.3 5.3 6.3
28日 10.7 8.1 7.4
静弾性係数(kN/mm2 7日 21.2 12.1 11.6 JIS A 1149 準用
28日 21.5 12.4 12.1
付着強度(N/mm2 7日 2.6 1.9 2.5 建研式付着力試験
28日 3.4 2.0 3.0
長さ変化率(%)  28日 0.041 0.048 0.025 NEXCO試験法416
  • ※上記データは、試験条件 試験室の温度:20℃、MDD:水=20kg:2.75kg、MDライトN:水=15kg:3.15kg、MDライトQ:水=15kg:3.00kgにおける試験値であり、規格値ではありません

関連カタログダウンロード

図面・技術資料等ダウンロード

名称 ファイル
【SDS】マグネシ-ラー(PDF) ダウンロード
【SDS】マグネラインMDD1(PDF) ダウンロード
【SDS】マグネラインMDライトN(PDF) ダウンロード
【SDS】マグネライン MDライトQ(PDF) ダウンロード

関連製品・工法

お電話でのお問合せ

事業所一覧ページはこちら

Webからのお問合せ

お問合せフォームはこちら