> > > QKウォール
工法

QKウォール

斜面防災・災害復旧工

QKウォール

急傾斜地崩壊防護補強土壁工法

発生土の利用、植生が可能
夏期の放射熱の軽減など「環境社会」に適した工法

  • 新技術情報提供システム(NETIS)登録番号 :CB-090036-A(掲載期間終了)
NETIS

工法概要

概要

急傾斜地崩壊対策事業の擁壁工に補強土壁を用いたものが「QKウォール」です。QKウォールは、発生土の利用、植生が可能、夏期の放射熱の軽減など「環境社会」に適した工法です。また、衝撃力と崩壊土砂量を考慮した設計手法(土砂災害防止法)に沿った計画が可能です。

特長

  • 補強土壁で「柵」を構築し崩落土砂衝撃を受け止める工法です
  • 「防護柵」は小落石を受けた場合と堆積土砂土圧を考慮しています
  • 崩落土砂を「補強土柵」と「防護柵」に堆積させ崩落土砂量を満足させます
  • 柔な土構造で地盤に追随でき沈下(支持力不足)が不安定要因になりません
  • 直接工事費で30万円/m程度です(壁高さ5mの場合)

構造断面図

アンカー式(鉄筋挿入)

アンカー式(鉄筋挿入)

カウンターウエイト式(コンクリートブロック)

カウンターウエイト式(コンクリートブロック)

崩落土砂衝撃力と補足土砂量

崩落土砂衝撃力
崩落土砂衝撃力
補足土砂量(参考値)
斜面高さ H(m)崩壊土量 V(m³)崩壊幅 W(m)捕捉土量 Ad(m²)
5≦H<1040142.9
10≦H<1580174.8
15≦H<20100195.3
20≦H<25150217.2
25≦H<30210248.8
30≦H<40240259.6
40≦H<503702912.8
50≦H5003215.7

※Ad=v/w

急傾斜地崩壊対策工法の比較

急傾斜地崩壊対策工法の比較1
急傾斜地崩壊対策工法の比較2

※切土工事費は現場条件により変動するため含みません。

急傾斜対策工法タイプとその比較

タイプ適応場所衝撃力算出法比較工法価格比
QKウォール切土等で、スペース確保の必要な急傾斜地土砂災害防止法に定める式によるコンクリート防護擁壁1:1.13

※ ジオロックウォール(現地発生土)と他工法との価格比です

主要使用資材

衝撃対応ジオグリッド ロックデム

ロックデム

ねばり性を強化し、耐衝撃性を強化したジオテキスタイルで、抵抗体の盛土を強力に補強します

使用資材|ロックデム

防護マット(ミラクルガードシート)

ミラクルガードシート

受撃体・伝達体袋材の紫外線劣化を防止し、直接損傷を緩和する高遮光性の厚手のシートです

壁面ユニット(ガンユニット)

ガンユニット

亜鉛メッキに密着ポリエチレン被覆が施され、高い耐薬品性・耐候性を発揮します。頂部のユニットキャップで不織布の植生シートを装着し、盛土を強力に拘束します

植生シート

植生の定着・繁茂を促進します

使用製品

  • ロックデム

    二方向高強度ジオテキスタイル

    大きな靱性で優れた耐衝撃性を発揮

カタログダウンロード

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合