> > > > ボトルユニット
製品

ボトルユニット

河川護岸材

ボトルユニット

袋型根固め工法用袋材

河床変動への追従性と凸凹不陸部、空隙へのなじみを持った根固め工法用袋材

NETIS
  • Naturnaher Wasserbau製品
  • 新技術情報提供システム(NETIS)登録番号 : KT-000028-VE
  • 建設技術審査証明書取得 : 第0109号
  • 国交省袋型根固め用袋材性能規定(長期性能型)適合品
  • 「ラブルネット積層工法」設計・施工マニュアル 性能証明書取得品 ラ袋性証 第1506号
  • 美しい山河を守る災害復旧基本方針適合品

製品概要

概要

施工手順を動画で見る

ボトルユニットは、ポリエステル繊維を使用したラッシェル網二重構造ネットの袋材です。現地発生の玉石・割栗石・割石やコンクリート塊などを中詰材として使用でき、根固め工に要求される河床変動への追従性や、間詰め工の場合の間隙へのなじみを充分に持っています。
中詰材の量に合せた1、2、3、4t用の4タイプをお選びいただけます。

特長

  • 設置時に口絞り部(結び目)が突出せず、河川に設置した際に漂流物が引っかかりにくい形状です。
  • 耐候性、耐薬品性、耐寒・耐熱性、また耐衝撃性に優れています
  • 二重構造ネットと25mmの網目によって、数カ所破断しても中詰材が抜け出しにくい構造になっています
  • 中詰め作業、敷設作業とも機械施工が主体で、工期の短縮が可能です
  • 水中吊り治具を使用することで、水中での設置も容易です
FBU-30

3t用

口絞り部

口絞り部

仮設構台①

仮設構台①

仮設構台②

仮設構台②

河川護岸 根固め工①

河川護岸 根固め工①

河川護岸 根固め工②

河川護岸 根固め工②

適用例

護岸や橋脚の根固め工・護床工

護岸や橋脚の根固め工・護床工

仮設道路の基盤工

仮設道路の基盤工

護岸・橋脚の根固め工・洗掘防止

護岸・橋脚の根固め工・洗掘防止

関連工法

  • BU-WALL工法

    ラブルネット積層工法

    ボトルユニットの優れた安定性・施工性・転用性を活かしてよりよい工事環境を創ります。

カタログダウンロード

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合