> > > アデムウォール
工法

アデムウォール

補強土工法

アデムウォール

ジオテキスタイル補強土壁工法

アデムウォールの二重壁構造が安全で美しい垂直擁壁を造ります

  • 新技術情報提供システム(NETIS)登録番号 : KK-020061-VE  平成27年度 準推奨技術(新技術活用システム検討会議(国土交通省))、平成29年度 活用促進技術(新技術活用評価会議(中国地方整備局))(掲載期間終了)
NETIS

工法概要

概要

アデムウォール正面図

アデムウォール正面図

アデムウォールは、外壁と内壁で構成された二重壁構造を持ち、補強材に「アデム」と「グリッドベルト」を用いたジオテキスタイル補強土壁です。
施工時には外壁と内壁の間に空間を設けるため、盛土材料の締固め時の圧縮変形に伴う土圧が外壁に作用しません。そのため、壁面の近傍まで盛土材料を十分に締固めることができ、高品質な盛土を構築できます。
二重壁構造を活かして、壁面材の修復や取替ができるため、維持管理性に優れています。

特長

  • 独自の壁構造 独自の「二重壁構造」により、強く美しく安定感のある補強土壁を創ります
  • 優れた基本性能 優れた耐震性、耐久性を持ち、災害時には迅速で経済的なメンテナンスが可能です
  • 先進技術を装備 盛土の健全度が評価できる光ファイバーを装備できます
  • 優れた耐久性 厳しい気象環境に長期耐え得る工法です

標準タイプ【壁面勾配 1:0.0】【壁面勾配 1:0.1~1:0.5】

外壁と内壁を同時に構築するタイプ。安定した基礎地盤上にアデムウォールを構築する場合に適用。

斜壁タイプ1
斜壁タイプ2

壁面あと施工タイプ

外壁に先行して内壁を構築するタイプ。沈下が懸念される地盤上にアデムウォールを構築する場合に適用。
基礎地盤の圧密沈下が収束した後に外壁を構築できるため、外壁に有害な変形が生じない。

補強盛土体を先行して構築中
施工後

左:補強盛土体を先行して構築中、右:施工後

主要使用資材

コンクリートパネル

アデムウォールブロック

表面の幾何学状のパターンが美しい外観を造る、安定性・施工性を高めたπ型形状のコンクリートパネル

盛土・地盤補強用ジオグリッド アデム

盛土・地盤補強用ジオグリッド アデム

さまざまな用途で活躍する、盛土・地盤補強用ジオテキスタイルの決定版。HGタイプを使用します

使用資材|アデム

アデム 品番/規格
タイプ品番目合い(mm)幅(m)長さ(m)品質管理強度(kN/m)※1伸び率(%)製品基準強度(kN/m)※2クリープを考慮した限界引張強さ(kN/m)
HGHG-36100×281.230364.53422
HG-50100×281.230504.54730
HG-60100×281.230604.55737
HG-80100×281.230804.57649
HG-10050×281.2301004.59360
HG-12050×281.2301204.511272
HG-15050×281.2301504.513990
HG-20050×281.2302004.5185120

※ 目合いは、「たて×よこ」を示す。
※ 品質管理強度・伸び率は、いずれも「たて」を示す
※1 品質管理強度:標準状態における試験環境のもとで、製品製造時に品質をチェックするために行う品質管理試験(試験片の幅[ ストランド1本] /引張ひずみ速度[50%/min])において基準となる強度
※2 製品基準強度:アデムが適用される補強度の設計において基礎となる強度で、性能確認試験(試験片の幅[広幅22.4cm] /引張ひずみ速度[1%/min] において基準となる強度

グリッドベルト

グリッドベルト

ポリエステル製のベルト状のジオテキスタイル。外壁と内壁を連結して、外壁の飛出しや転倒などを防止するとともに、内壁を補強します。

内壁シート

aw_naihekisheet

内壁の前面に配置され、盛土材料の壁面排水層へのこぼれ出しを防ぎます。

鋼製枠

壁面材と盛土体を分離することにより、壁面近傍の転圧が十分に行えます。

使用製品

  • アデム

    盛土・地盤補強用ジオテキスタイル

    さまざまな用途で活躍する、 盛土・地盤補強用ジオテキスタイルの決定版

カタログダウンロード

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合